湯けむり発電

湯けむり発電機(トータルフロータービン発電機)250KWの3次元計画がほぼ完成


湯けむり発電機(トータルフロータービン発電機)出力250KWの3次元計画がほぼ完成しました。
前回見て頂いた時から性能確保のための細かい修正を入れていたのです。

外観は、上図のようにとっても小型でシンプルです。

内部も上図のように、重要部はノズルと回転する羽根なので他の構造部もシンプルです。
シンプルな構造の方が故障も少なく、メンテナンスもし易いので良いと考えています。
残りは、ボルトナットなどをいれることと、最終の細かい修正のみです。

Total Flow Turbine Runner


Total Flow Turbine Runner です。
前回見て頂いた時から性能確保のための細かい修正を入れていたのです。

良く回ると思っています。
造るのは、鋳造後手仕上げ、ロストワックス後手仕上げ、5軸加工一体削り出し、ランナブレード単体加工後組立
などのどれかで、手間がかかり高価になりそうです。
ただ、重要部品はこれぐらいなので、ランナーが高くなってもしかたないかなと考えています。

トータルフロータービンのノズルから動翼を平面的に見る


トータルフロータービンのノズルから動翼を平面的に見ると次のようになります。

全周流入軸流衝動タービン形式です。
熱水+蒸気の2相流の大流量を処理可能です。

トータルフロータービンの内部構造透視図


トータルフロータービンの内部構造透視図です。

よりノズルから動翼ランナへの関係が分かりやすいと思います。

複雑構造はあまりなく、流体部形状が複雑に見えるだけと思います。
流体部形状はタービンエネルギー変換効率を左右する重要形状なので、見た目複雑です。

タービン組立


タービンの組立です。

シンプル構造タービン発電機となっています。