湯けむり発電

改良型熱水蒸気タービン発電機の3次元設計


改良型熱水蒸気タービン発電機の3次元設計が完成しました。

熱水蒸気タービン

熱水蒸気タービン

蒸気排気が上方に向かい、熱水は下方に落ちるというように、特に蒸気排気の通り道空間を広く取り、タービン排気条件の改善を意図した新設計熱水蒸気タービン発電機になっています。

新しい地熱発電である湯けむり発電の20KW標準機設計の完成


新しい地熱発電である湯けむり発電の20KW標準機設計の完成です。

湯けむりタービン

湯けむりタービン

幅900mm、奥行1650mm、高さ2000mmの全体大きさであり、熱水入口温度130~140℃の場合に発電出力20KW前後となります。温泉などの熱水井戸の熱水量に合わせて、この20KW標準機の台数を選定して、発電所としての最大発電量を決めることが出来ます。

湯けむり発電20KW標準機内部


湯けむり発電20KW標準機の内部を透視してみました。 次図は、軸流蒸気タービン動翼出口側から内部を見たものです。

湯けむりタービン

そして次は、熱水入口側から熱水タービン部を透視して見たものです。

湯けむり発電

タービン発電機の外観は四角い箱でシンプルですが、タービン内部の特に羽根部分は大変複雑な構造になっています。

トータルフロー地熱発電所 20KW×2台の全体設備


トータルフロー地熱発電所計画の20KW×2台の全体設備3次元計画図になります。

湯けむりタービン

湯けむり発電

トータルフロー発電

熱水井戸からの配管関係は少々複雑になりますが、全体設備としては大変シンプルで小型です。

熱水蒸気タービン発電機パッケージ


熱水蒸気タービン発電機パッケージのカット図です。

湯けむりタービン

湯けむり発電

次はパッケージ全体カット図です。

熱水蒸気タービン