風洞発電タービン・性能解析

風洞発電タービン性能解析

風洞発電タービン

性能解析

風洞発電タービンの性能解析結果図です。
発電出力は最大250kwであり、タービン上流側の風洞から30m/sの空気が吹き込んできます。
タービン下流では、発電プラントの寸法的な制限から、タービン排気を上前方へ強引に流れの転向をしているため、タービン後方排気ディフューザー効果が少なくなり、タービン性能には効率が低下する結果が出ています。